おすすめアイテム(楽天ROOM)

「老けて見える」着付けしてない?「衿合わせ」で浴衣や着物の着付けがキマる!

こんにちは!!!着物ライターのカナ(@KANA_vintage)です。

「着物って、なんか老けて見えない?」

「着物=おばさんぽい」

なんて思っている人はいませんか?

実は・・・
「この女の子、まだ若いのに老けて見える着つけしてるなぁ」と残念に思うこともあるのも事実。

  • この夏、お祭りへ行くのに自分で浴衣を着たい!
  • 着付けの手順は知ってるけど、少しでもかわいく見えるように着たい

という方、必見です!!
この記事では、ほんの少しの工夫でできる「老けて見えない」着方のコツをご紹介しますね。




浴衣や着物を美しく着るには「衿合わせ」を気を付けて!

自分で着付けを習ったことがある方なら共感してくれるかと思いますが、
着物(浴衣)を着慣れているかどうか、「このポイントさえ押さえたらきれいに見える」というのを知っている人かな、
というのは、一目見て分かるもの。

いちばん手っ取り早く取り入れられるのは。。。衿合わせ!

 

 

老けて見えるのはどちら?【衿の角度に注目!】

左:衿の開きが小さめ。Vネックが鈍角
右:衿の開きが大き目。Vネックが鋭角




答えは・・・若く見えるのはこちら!

一般的には、左(衿の開きが小さめ。Vネックが鈍角)が若く見えると言われています。

わたしも三十代ですが、
三十代、四十代になると似合うもの、好みが多様化するのでどちらが正解!とは言えません。
顔や雰囲気に合わせたり、浴衣の雰囲気に合わせて、似合う方を選んでいただくといいと思います。

Vネックが鋭角の場合の印象

  • 年上に見える(⇔老けて見える)
  • 色っぽく見える(⇔下品に見える)

 

Vネックが鈍角の場合の印象

  • 若く見える(⇔幼く見える)
  • 清潔感がある

 

「私は若作りする気ないし・・・」という方でも「ハツラツとした爽やかさ」「清潔感」を出すことができるので、やはり衿の開きは浅めのほうが万人ウケするかと思います。

 

カナ
目安は左右の鎖骨の間のくぼみが見えるかどうか…の場所で合わせる、と覚えておくといいですよ。

 

ヘアスタイル、メイクなどトータルコーデで大人っぽくすると、若くてもデコルテ深めでもアリなのかな、、、?とも思うのですが、それはそれで”コスプレ感”が出てしまいそうです。
(非日常感の出る浴衣ですので、ただでさえ仮装っぽくなってしまいがち)

 

TV番組で見る浴衣姿の芸能人も参考に

夏になるとTV番組でタレントさんが浴衣で出演されることもありますよね。

その時に、それぞれの方の衿元を見るとおもしろいですよ!
10代のアイドル、40代の妖艶なキャラの女優さん。。。一同に会す番組で見比べてみると、それぞれに衿元の開き方が見事に違います。
もちろん、浴衣も着物も、もとの形は同じ。
その衿の開き方ひとつ変えるだけで、同じ浴衣を何十年と着られるのですから。。。だから着物(浴衣)はおもしろいですよね。

深めに開けて着たいときは…

大きくデコルテを開けたほうが顔立ちもスッキリ見える、というのが洋服でのセオリーですが、ここは忘れて着物の常識を一度試してみては…とお伝えしたいところです。

深めにしたときの注意点

↑アプリでインカメラで撮影したので、左右が逆に映っています

衿もと深めにしたときに注意すべきことがあります。
それは、油断すると「なまめかしく見えてしまうこと」。
言い方を変えると、「下品に見える」「セクシーすぎる」ように見えてしまうんです。
前述の通り、トータルでしっくりくるセクシーさなのか?バランスを考えてみましょう^^

衿が「カパカパ」開いていませんか?

○印の部分、カパカパと浮いていませんか?

「着崩れ感が出ていないか?」も要注意ポイント。

衿合わせが浅いと、”ガパガパ”と衿が広がってしまいがち(上の写真の○印の部分)。
インナーが見えてしまったり、時間とともに着崩れて開いてしまったり・・・。

また、衿もとがゆるいと「だらしない」「疲れてる感」が出てしまいます。
(衿がヨレヨレのTシャツを着ているイメージでしょうか)
長時間のお出かけなら、よーく気を付けておいてくださいね!




カパカパ開きの対策

衿がカパカパ開いてくることの原因はいくつかあります。

 

  1. 補正が足りず胸の高さが抑えられていない
  2. 紐がゆるい
  3. 衿合わせがゆるすぎる(浅すぎる)

 

胸の高さが抑えられていないことで胸が揺れ、衿元をずらしてしまうのが1の理由。
この場合、和装ブラを付ける、タオルで補正するなどしてアンダーバストとの凹凸を無くしましょう。

 

2については、そのままです。
アンダーバストの位置で、腰紐を結んで衿元がゆるまないようにしましょう。ただし、きつくあまりに結ぶと息苦しくなるので、締め付けすぎに注意!!

また、左右の衿を合わせるとき、それぞれ反対側のバストトップ(着物用語では「乳(ち)」と言います)を覆うようにするのが美しく着る方法(=3)です。

レンタル着物を着るときには、着付師さんへ相談してみよう

最近では、レンタル着物を着たり、卒業式や成人式でお着物を着られる方も多いですよね。

レンタル店でも成人式でも、着付けはスピード勝負!
どういった衿合わせが似合うか…あまり時間をかけて見て頂けるとは限りません。
そのため、衿合わせを浅めor深めなどとリクエストしたり、好みの衿元の写真があれば着付けの前にお見せしてもいいかもしれません。

まとめ:衿の開きを小さくして「老けて見える」とは無縁の浴衣姿に!

以上のことから、衿を鈍角にして開きを小さくするのが、誰にでも合いやすくきれいに着こなしやすいという点ではおススメ。
開き深めは上級者さんにおススメしたい着方かな、というのが私の意見です。

私自身は、

  • カジュアルに着こなしたい
  • 顔立ちが童顔なので開き小さめが似合うと思う

と考えて、襟元を鈍角にして着ています。

一度、お時間のあるときに開きの大きさを数パターン写真に撮って、全身で比較してみるといいですよ!
ベストな開き具合がわかるはず!

では、楽しい着物ライフを・・・。