おすすめアイテム(楽天ROOM)

真冬の着物。インナーはユニクロ(UNIQLO)のヒートテックが間違いない!

こんにちは、着物エバンジェリストのカナ(@KANA_vintage)です^^

今日はキモノのお話です。

UNIQLOから出た「おしゃれヒートテック」も気になるけれど

先日、ユニクロから『おしゃれなヒートテック』が発売となったと話題になっていますね。

もちろん、これは商品名ではなく、アレキサンダー・ワンとのコラボのヒートテックが、今までになくスタイリッシュだったため『おしゃれヒートテック』と呼ばれているのですが。

たしかに、ボディスーツのヒートテックなんて今まで無かった!!細身のシルエットの服を着るときとかに良さそう。

ヒートテックの良さは、キモノにとってももちろん良いことづくめ!

ヒートテックと言えば、

  • 暖かい
  • 薄い
  • 軽い

など、インナーとして着るのにこれ以上ないほど条件が揃っているので、毎年何枚も買い揃える人も多いですよね。

わたしはというと・・・洋服のときはもちろん、着物の日でも必須アイテムとして愛用しています。




キモノの下に着る8分袖のトップスは、きれいに着る秘訣あり!

おそらく、もっとも愛用者が多いのでは?と思われる8分袖のトップス。キモノのインナーにもこちらがおススメです。

着物の構造上、腕が開いていて冬場は腕がスースー寒い!夏は風が通り抜けて涼しいのですが。笑

腕を覆うのは必須なので、キャミソールタイプではなく、手首まで守れるタイプが断然おすすめです。

ただし、着物の袖からチラチラとヒートテックが見えてしまうのは・・・と気になる人もいますよね。
確かに、手首には何もないほうが美しいのですが・・・体の冷えを防ぐなら最低でもワキは覆うべきなので、美しい見た目重視でいきたい方は、半袖タイプでも◎

トップスを美しく着る秘密

それは、前後逆に着ること!

そのまま着ると衣紋(首の後ろ)からヒートテックが丸見え!!

着物はデコルテはしっかり覆って首の後ろを開けて着るため、前後逆ならちょうど良くなりますよ。

私はさらに、背中の真ん中(前後正しく着た場合の“背中”)に切り込みを入れて、Vネックにして着ています。
そうするほうが首元から見える心配もなく、窮屈な感じもありません。

切り込みは3cmほどで十分!(あまり深く切ってしまうと、肩がズリズリ落ちてきます・・・)

切込みを入れてしまうため、失敗してもいいように少し古くなったものを選んでいます。笑



真冬の着物さんぽはレギンスで下半身もしっかり防寒

真冬になると、足元からも体が冷えてきますよね。
ロングスカート状になった着物の足元からは風が入り込んでしまうので、レギンスタイプのヒートテックでしっかり防寒がおすすめ!

一度着物の下に履くと、暖かさが歴然でもう冬の間は手放せなくなりますよ!
薄手なので、ぴたっと体に沿うシルエットの着物でも、着膨れは気になりません。
草履のときはヒートテックレギンス、ブーツを履くときはタイツや、レギンス+ソックスにしています。

番外編「使い捨てカイロ」は貼る部位とTPOに気をつけましょう

真冬の防寒グッズとして便利な「使い捨てカイロ」。こちらを着物のときに使うには、少し注意が必要です。

◎一度貼ったらすぐに剥がせない。暑過ぎるとツライ

しっかり防寒するつもりでカイロを貼っても、室内では暖房が効いていて不要になってしまう事も。

しかし、背中に貼った場合、熱くなってきても簡単には剥がせません。

また、カイロの特性上、着物のようにぴたっと着たり、帯をきつーく締めた圧迫状態の下に貼ると、想定外の温度まで上がってしまう場合も稀にあります。

個人的には着物のときのカイロはおススメしませんが、使いたい場合は、帯の下にくる位置に貼るのを避けるといいです。

いかがでしたか?着物で快適に街歩きができるよう、防寒対策はばっちりとして楽しんでくださいね。